インテリアコーディネートのプロに依頼すれば地味なお部屋が大変身

Interior coordination

素敵にインテリアをコーディネートするコツとは

どんな部屋でもインテリアコーディネートに工夫すれば、素敵な空間づくりが可能です。インテリア雑誌で見るような、お洒落な部屋にするためにはいくつかのコツがありますからご紹介します。
一つ目のコツは、部屋に必要となるインテリア品を同じ雰囲気で揃えることです。例えばリビングの部屋に必要なインテリア品と言えば、ソファ、テーブル、カーペット、カーテン、テレビ台、照明器具などがあります。それらの雰囲気が揃っていれば、心地の良い空間にできます。インテリア品の雰囲気を大別すると、ナチュラル風、アジアン風、和風、アンティーク調、スタイリッシュなどが考えられます。それぞれを選ぶ際に、この種類を意識して同じ雰囲気でインテリアコーディネートすれば良いのです。
雰囲気の他には、カラーコーディネートを考えることも、お洒落な部屋に仕上げるコツです。無地の落ち着いたカラーのものを中心に、アクセントカラーをポイントで選ぶ方法が、無難に素敵にコーディネートするポイントです。どうしても完璧にインテリアコーディネートしたい場合は、プロに依頼する方法もあります。インテリアコーディネーターに依頼したり、インテリアを扱う業者などに依頼する方法がありますから検討してみましょう。

失敗しないインテリアカラーのゴールデンルールとは?

インテリアコーディネートで一番悩むのが色使い。特にカーペットやカーテン、ソファなど面積の大きいものは悩みの種ですよね。まずは一部屋に使う色の数。色数は少なすぎても多すぎても良くありません。例え白やベージュなど大人しい色でも、1色だと実は人間はリラックスできないのです。
逆に多くなると色があふれて雑然となってしまいますし、ベストは3~4色にするとすっきりとした変化のあるコーディネートが楽しめます。
もうひとつ重要なのがその割合。
実はインテリアコーディネートに限らず、色の割合にはゴールデンルールがあるのです。それが7:2:1の法則です。
全体の7割をベースカラー、2割をメインカラー、1割をアクセントカラーすればすぐに美しい配色になります。例えば7割を壁や家具などですっきりしたホワイトに、2割のメインカラーは落ち着いたブラウンのソファに、1割のアクセントカラーはクッショなどをビビッドなオレンジにする。
このゴールデンルールならインテリアコーディネートも失敗しません。
それでもなかなかうまくいかない方はプロに依頼してもいいですね。まずは依頼して土台を作ってもらうと、模様替えの時楽になります。
他にも家具の形や素材、使い勝手の良い導線など、プロに依頼するとセレブのお部屋のような素敵な空間に仕上がりますよ。

赤ちゃんのいる部屋のインテリアは?

居るだけで癒し効果絶大な赤ちゃん。どれだけ見ていても飽きないですが、ハイハイやつかまり立ちなど成長するにつれてどんどん目が離せなくなりますよね。怪我や誤飲など危険を防ぐためにも、赤ちゃんにとってはどんなインテリアコーディネートがいいのでしょうか?
まず、赤ちゃんの手の届くところにものを置かない、家具の角のはガードするなど基本的な事は皆さんご存知かと思います。またこれらはすぐ出来ると思いますが、あれもこれもとやっているうちに何だかごちゃごちゃしてしまった、なんてことは無いですか?また、赤ちゃんの事を優先する余り、家事の動線が悪くなってしまったということもあるかと思います。
そんな失敗を防ぐためにも、インテリアコーディネートをプロの方に依頼してみてはどうでしょうか?プロに依頼すれば、赤ちゃんにとってベストな環境を作ってあげやすいと思います。赤ちゃんの成長を上手くサポートしつつ、安全に過ごせる空間になるのはもちろん、パパやママにとってもより良い空間を提案してもらえます。さらにプロならではの視点で、誰かに自慢したくなるような、憧れのおしゃれなインテリアにも近づけるかもしれません!家族みんなが快適に過ごせる空間にする為に、インテリアコーディネートを依頼するのがおすすめですよ!


個人様用の4つのプランからご自身の予算などから選べる!インテリアコーディネートなら東京に支社を構える《株式会社スピカ》が人気です。世界に一つだけ、唯一無二なあなただけのお部屋を作りませんか?