最近耳にするIFA企業とは

IFAになるために

最近耳にするIFA企業とは

最近耳にするIFA企業とは 皆さんは、IFA企業という言葉を耳にすることはありませんでしょうか。最近日本にも増加傾向にあり、耳にする機会は徐々に増えつつあります。
IFAとは、独立系ファイナンシャルアドバイザーの英語の頭文字を略したものをいいます。その名前の通り、銀行や証券会社などに属さないアドバイザーのことで、より中立性が高いファイナンスのアドバイスを求める顧客などを中心に注目されています。IFA企業として活動をおこなうには、内閣総理大臣歯の登録が必要になり、その位置づけは金融商品仲介業者となります。仲介業者という位置づけになりますので、金融商品取引業者と業務提携をする必要がありますが、その取引業者から商品に関してのノルマを課されないという大きな特徴があります。ノルマが課されてしまうとどうしてもその商品を何らかの理由を付けて、その商品を望んでいない人にも取引させようなどということが起こりかねませんが、IFAの場合ではその可能性が低いので、本当に自分に合うものを提案してくれるとの評判も高いです。

資産運用について相談したい場合IFAを活用

資産運用について相談したい場合IFAを活用 資産を増やしたい場合、貯金や投資等を行う必要があります。どのような方法で資産運用を行ったらよいかわからない場合、IFAに相談することが可能です。
IFAは金融商品仲介業者となり、特定の銀行や証券会社に所属せず、独立的な立場で個人に応じた資産運用のアドバイスを行っています。独立的な立場ということで、投資等の提案を行う際、証券会社等の販売方針を押し付けられることなく、最も適した商品を提案して頂くことができると考えて間違いありません。長期にわたって運用できる商品を提案して頂きたい場合、金融機関には転勤が存在し数年後には担当が変わる可能性がありますが、IFAには原則として転勤はありません。安心して長期間アドバイスを受けることができます。アドバイスに関しては、投資だけではなく保険等を扱ったり、税理士等の様々なスペシャリストと連携している場合があり、保有している資産をトータルで相談できる場合もあるため便利です。