IFAになる前に知っておきたい

IFAになるために

IFAになる前に知っておきたい

IFAになる前に知っておきたい 日本で重宝されている証券会社のスタイルとしてIFAというのを知っていますか。インデペンデント・ファイナンシャル・アドバイザーの略の事を言います。証券会社に属していると販売しなければならない商品があります。IFAには基本的にそのようなノルマはないのです。今までの証券会社勤務と比べても、お客様の立場になる事ができるので、長期的な付き合いをする事が可能になります。

IFAは、金融先進国である欧米では、弁護士や税理士と並ぶ地位を確立しています。アドバイスをするだけでなくて、顧客の代わりに金融商品の売買の仲介をする事が可能になります。IFAになる前では築きあげる事ができなかった関係を築きあげる事ができるのです。もっと詳しく知りたいという方には説明会等も開かれていますので参加してみると良いかもしれません。投資に関して初心者で、小額からでも運用を初めたいという人は専門家にアドバイスをもらうのが無難だといえるでしょう。

IFAになるためには知識をどこで身に着けるのか

IFAになるためには知識をどこで身に着けるのか IFAは独立系のファイナンシャルアドバイザーのことです。銀行や証券会社などをはじめとする特定の金融機関からは独立した存在で、中立した立場から顧客にアドバイスをする仕事です。金融商品取扱い業者からノルマを課せられる事もありませんし、複数の証券会社と委託契約を結ぶ事になりますが、金融機関の都合ではなく顧客の視点に立ったアドバイスが出来ます。

お金の専門家という位置づけにもなりますが、IFAになるために知識はどこで身に着けるかという事になります。現場で仕事をしていれば自然に身につく事もあるかもしれませんが、資格をとるためにスクールに通うというのも一つの手段です。カリキュラムも組まれていて分かりやすく勉強していくことも出来ます。証券や金融関係の就職をしていた方にとっては常識となる知識でも、素人では全く分からず1からという事であれば、こういったスクールを利用して学んでいくというのもおすすめの方法です。