IFAを目指すのであれば事前に知っておきたいことはたくさんあります

IFAになるために

IFAになるには企業と個人どちらがいい?

IFAになるには企業と個人どちらがいい? IFAになるには企業と個人のどちらがいいかは、考え方によると言えるのかもしれません。
どちらでも選択をすることが出来るのが、IFAの魅力の一つですから、自分が何を優先した考え方をするのかという事で変わってくるという事になるでしょう。
自分独自の考え方で動きたいという事になれば、個人の方が良いかもしれませんし、ある程度の安定を求めるということになれば、企業という考え方が出来ます。
どちらにもメリットとデメリットがありますから、何を優先して考えるのかという事が一番の問題でしょう。
この考え方は人によって大きく違うもののはずで、何がいいかはその人によって全く来なります。
個人で動いた方が動きやすくてモチベーションが上がるというように考える人もいるはずですし、集団の方が何かと安心して動けるのでその方が良いという事も言えそうです。
職場の環境も大きく違う事になりそうですから、自分がよりよい条件で働くことが出来るところを選択するという事を考えても良いかもしれません。

IFAになる人の多くが元証券マンや投資家

IFAになる人の多くが元証券マンや投資家 IFAになる人の多くは、もともと様々な投資期間や金融機関で働いてきた、知識と経験が豊富な人たちです。
その豊富なノウハウを活かして、個人の資産運用をアドバイスしてくれます。
IFAの強みは特定の機関に属していないということです。
これが証券会社に勤めている人であれば、その会社の商品のみを紹介することになります。
そのため資産運用もバランスが悪くなり、偏ってしまう傾向があったり、会社の儲けを第一に考えているのではないかという疑いがぬぐえません。
それに対してIFAは特定の機関に属していない独立した存在であるために、あらゆる商品の中からと相談者に良いと思われるものだけを紹介してくれます。
一人ひとりにあったプランを考えてくれるために、とても信頼があり、安心してそのアドバイスに従っていくことができるわけです。
IFAの平均年齢は50代後半ですが、30代から40代の若手も少なくありません。
自分の主治医を探すように、お金にかかわる頼れる人を探すと良いでしょう。