IFAを目指すのであれば事前に知っておきたいことはたくさんあります

IFAになるために

IFAになるためにするべき勉強とは

IFAになるためにするべき勉強とは IFAになるためにするべき勉強ですが、当然ながら金融商品、運用商品に対する幅広い知識が必要です。
世の中にはどのような運用商品があるのか、それぞれの運用商品のメリットとデメリットは何か、どんなリスクが潜んでいるのかというようなことを知らなくてはIFAにはなれません。
しかし、商品のことだけを理解すればそれだけで十分かというとそうではありません。
というのも、その商品はどのような人に勧められるのかということは人によって違うからです。
もちろん、同じ人であってもその人のおかれた状況によっても異なってきます。
その人の考え方によっても違ってくるのは当然のことです。
このような状況においては、顧客のニーズを的確にくみ取る力が必要になります。
顧客にまず信用してもらい、どんなニーズがあるのかをしっかりと聞き取り、場合によっては言葉にされないような内情までも察して、その人にとって最善となる道を見出す力が求められるわけです。

IFAになるまでの基本的な方法や流れについて

IFAになるまでの基本的な方法や流れについて 金融商品についての仲介業の契約を行う際にIFAとなるためには、主に登録や業務提携、導入研修などを事前に実施することが必要です。
その際基本的には個人または法人の金融商品に関する仲介業で契約をすることになります。
手続きを行いたいという場合は、少なくとも2人以上がIFAに所属している必要があるので注意しましょう。
まずはIFAビジネスに関する説明会に参加あるいは個別面談を受けて理解を深めていきます。
このときに分からないことや疑問に思うこと、不安に感じることなどがあった場合は、気軽に相談をしてしっかりと内容を理解しておくことが大事です。
次に書類を提出したり面談を実施することで登録事前審査を行っていきます。
このときに必要となってくるものは、法人の場合は決算書の写しで個人の場合は前年度に獲得した収入の金額が分かる証明書です。
その他本人確認ができるものなどを提出します。
無事に審査を通過したときは後日契約のための書類が郵送されるのでしっかりと記入して返送します。