IFAを目指すのであれば事前に知っておきたいことはたくさんあります

IFAになるために

このサイトではIFAになるための様々なノウハウを学ぶことができます。
企業と個人のどちらがよいのかや具体的な勉強方法の他に、この仕事に向いている人や事前に知っておきたいことなどが分かります。
独立系のフィナンシャルアドバイザーとして働くには様々なことを学ぶ必要があります。
欧米では弁護士や税理士など並ぶ社会的地位のある仕事です。
投資家にとって非常に重要な存在なので、このサイトを利用してしっかりと知識を身につけるとよいでしょう。

IFAになるために資格は必要?

IFAになるために資格は必要? IFAは特に資格を取得しなくても、金融商品仲介業者に所属して外務員登録をすればなることができます。
外務員登録は2週間ほどで完了するのが通常です。
金融商品仲介業者は証券会社の委託を受けて有価証券の売買などを媒介します。
また有価証券の募集や売り出しの取り扱いなども行います。
金融商品仲介業者には法人だけでなく個人で行っているものもあります。
内閣総理大臣の登録を受けると業務を行うことができます。
IFAになるには既存の金融商品仲介業者に所属する方法の他にも、自分で設立する方法があります。
自分で金融商品仲介業者を設立する場合は活動開始まで6か月以上の期間が必要になります。
いずれの方法が最適かは人によって異なります。
IFAについて知識を深めて自分に合った方法を選ぶことが大切です。

IFAになるために登録する準備と流れについて

IFAになるために登録する準備と流れについて 独立した財務の仲介アドバイザーであるIFAは、証券会社とその契約をしたいカスタマーとのコミュニケーションをより円滑にし、正式に契約を成立させる仲介者の役割をもっています。
そのIFAになるためには準備と特定の証券会社などに登録が必要で、一連の流れをクリアできた人がIFAとして正式に働きはじめることができるようになります。
自身の経歴を見直し、兼業になるのかあるいは仲介アドバイザーのみとするのか、専門的なアドバイスができる営業範囲を広めるための勉強などが基本的かつ最低限の下準備と言えるでしょう。
個人で活動していくためのある程度の資産も必要になります。
準備ができた後、選択した証券企業などと登録することになり、ビジネス説明会や個別相談経由でしていくという流れが一般的です。
その後契約書類の提出と書類審査となり、適切と判断された場合は業務委託契約締結となります。
次に金融証券仲介業登録申請書の作成が必要で、それを財務局へ申請し、ここでも適切と判断された場合は日本証券業協会コードを取得できます。
日本証券業協会への申請も必要で、許可をされてはじめて導入研修ができるという流れです。
導入研修が終われば、正式にIFAになることができ、独立した仲介アドバイザーとなって働くことが可能になります。

IFA情報リンク

IFA